敷金は保証金に近い存在

退去時の物件の修繕費や未払いの家賃の支払いが主な使い方

敷金は家賃の一か月分が平均的な相場とされています。法律上では支払いの義務はないものの、慣習として支払いを要求する大家は少なくありません。敷金は賃貸物件を借りる際の保証金のような扱いであり、これだけの金額を支払うことができる収入があることを示す意味があります。また、敷金は未払いの家賃の代わりとして扱う他、賃貸物件から退去する際の修繕費として使われるケースも少なくありません。賃貸物件から退去する際には原状回復義務が生じるため、そのための費用として敷金が使われているのです。家賃の未払いがなく、賃貸物件も修繕するほどの傷みが生じていない場合は敷金の返却を求めることができます。敷金は一時的に大家に預けている形なので、使う機会がなければ返却するのが道理です。

敷金の支払いが不要な物件について

敷金は礼金と共に古くから続く慣習ですが必ずしも支払う必要はありません。法律で決められた義務ではないので、大家が請求しても支払いを拒否することができます。大家の側も請求する義務がないため、そのような理由から敷金や礼金が存在しないゼロゼロ物件の需要が増加しているのも事実です。入居時の出費を低く抑えることができるのがゼロゼロ物件のメリットですが、その一方で物件の修繕が必要になった時はその都度、お金を支払うことになります。また、家賃の未払いが生じた際は速やかに払うように要求されるか、又は退去を求められる可能性も否定できません。敷金を払わないことで生じるデメリットも正しく認識したうえで賃貸物件を選ぶのが入居する際の心得と言えるでしょう。